大蒼人(Store Blåmann)

所要時間              5時間(往復)

標高           大蒼人 1044 m

距離                     7㎞(往復)

レベル                  *****(登山経験者向け)

大蒼人
大蒼人

大蒼人は鯨島北西部、カルフィヨルドに面した標高1000mをこえる山で、トロムソからもその特徴的な山頂を眺めることができます。トロムス谷岳とならん で 人気の高い山で、市街地から離れているものの比較的登山者の数が多い山です。登山道は旧登山道と新登山道の2つがあり、登り口が異なりますが、山の中腹で合流します。旧登山道は距離は短いですが傾斜がきつく、新登山道は距離は長いものの登り口からしばらくは木道があり、道もマークされているので安心して歩けます。

大蒼人山頂より南方を望む
大蒼人山頂より南方を望む

 大蒼人は岩盤が主流で山の麓でもほとんど樹木がありません。登り口は湿地帯となっており、幌向苺が多く見られます。旧登山道と新登山道が合流するあたりから傾 斜がきつくなり、岩の間に付けられた道を辿ることになります。標高が上がるにつれ、岩も大きくなり、部分的に岩をよじ登る感じで登っていきます。また、岩場では道のマークが明瞭でないところもあるので登山道から外れやすく、岩壁の前で立ち往生するはめにもなりかねないので、道を頻繁に確認しながら登るようにしましょう。頂上には大きなケルンがあり、その北側は急な崖となっており、崖下には碧い湖が横たわっています。東側は大竜骨山(Store Kjølen)山頂のアンテナの先に本土の山稜を望み、フィヨルドの先にはトロムソ市街とトロムス谷岳を見ることができます。南は鯨島の急峻な山々の先 にノルウェー最大の島センヤ(Senja)の山並みの展望が開けています。